ブログ

博物館ライドご報告 2017.11.8
定刻8:30に出発、まずはJR沿いの新しい道を吹田方面へ快走します。 今日はロード比率が高い?
かと思えば、シングルスピードのtokyobikeや
こんなタイムマシンでやってきたような50年物のナショナル自転車も登場
遠く倉敷からお越しのお客様も含めて総勢12人で博物館へ。 まずは仁徳陵の正面を見学します。
現平成天皇ご成婚の際にご夫婦で乗られた自転車。 こちらはお妃用。鳥山新一氏の設計、打保梅治氏監修、大越善則氏製作という豪華版。 今見ても古さを感じさせない?素晴らしい自転車です。
博物館のメインの展示品はウエッブサイトでも見て頂くとして、一番私が興味をひかれたのは、ALANに装着された初代DuraAceのクランク。さすがにファクトリーメイドだけあって肉抜き加工は見事の一言。
往路は熊野街道を、帰路は紀州街道を辿って、住吉大社で再び熊野街道へ戻り、あとは三々五々、好都合な場所で離脱。皆様お疲れさまでした。
コメント(0)カテゴリー:自転車全般


Copyright 2009 Bicycleshop M&M All Rights Reserved.