ブログ

ツールも終わりました 2017.7.26
いつの間にか今年のツールは終わったようです。 ここにあるのは1975年から1977年まで「アサヒグラフ」で、毎年8月号にツールの特集記事が組まれていました。
1975年にデビューした新人、フランチェスコ・モゼールの力強い走りと、チネリの真新しいレコードステムと#65の組み合わせが斬新でした。
この年は左端のプジョーを駆るベルナール・テブネが総合優勝。翌年の覇者となるGitaneチームのファンインプに挟まれた、世界チャンピオンジャージをまとうエディ・メルクスが、最終日のシャンゼリゼのスタート地点に並んでいます。
と書き進めてゆくうちに、そういえば今でこそ当たり前のシャンゼリゼのゴールはこの時が初めてで、大変センセーショナルだったことを思い出して、記事を熟読すると、そのことが書かれていました。
翌年のプロローグのタイムトライアルに表れたフレディー・マルテンスのカンパのフロントディレイラーバンドにはハートの肉抜きが。 粋ですね。
77年には再びベルナール・テブネが勝利を納めます。フレームカラーは伝統の白に黒いラグの物からシルバー一色になりましたが、Mafac、Strong Light, Simplex、Idealといったフレンチパーツ一色で組まれています。 Mafacのセンタープルが大レースで勝利を収めた最後の図かもしれません。
当時高校生だった私にとってはなかなか目にすることのできない貴重な写真で、飽きることなくページをめくったものですが、世間的にはツールなど全く認知されていませんでした。 奇しくも今日はシマノの株が大幅下落、膨らみすぎたサイクルスポーツを取り巻く環境は、レース一辺倒でなく多様性をもって続いて行ってほしいものです。
コメント(0)カテゴリー・自転車全般
コメント 、ご質問など・・・
お名前
メール
URL
コメント


Copyright 2009 Bicycleshop M&M All Rights Reserved.