ブログ

B17 の課題 2016.1.25
私自信のスタンダードでもあるBrooks B17ですが、少しばかり課題もあります。径が豊富で、安価でありながらガッチリとサドルを固定できるカロイの所謂「リッチータイプピラー」のような最近の通常のピラーを使った場合、サドルが前へ出すぎるのです。
これが往年の英国車のようにシートアングルが70度前後のフレームですと、実質72度くらいになって丁度良かったのですが、昨今の74度も有るようなフレームに付けると明らかに前に出すぎます。
これは60年代の商品ですが、当時のイタリア車なんかは英国車よりもシートアングルが立っていたので、同じ問題が有ったのでしょう。それに対処するために、B17のレール幅を狭くして、サドルを後方へ−ということはピラーがより前方へ動かせるようにしたモデルが存在しました。
それに合わせてカンパが専用ピラー金具を用意していました。
いま再びこうしたモデルを再生産して欲しいものです。 ついでにこの2本締めピラーも。
コメント(0)カテゴリー・自転車全般
コメント 、ご質問など・・・
お名前
メール
URL
コメント


Copyright 2009 Bicycleshop M&M All Rights Reserved.