ブログ

メアスバー 2013.8.3
最近は「シャローバー」などと呼ばれる「マースバー」ですが、先日高齢のK氏とお話しをさせて頂きました折りに、そういったタイプのドロップバーを「メアスバー」を発音されたことに妙な感動を覚えてしまいました。
私も書物の上では、嘗てメアスバーと記されていたことは知ってはおりましたが、実際の言葉として発せられるのを聞くのは初めてでした。「マースバー」は1936年、1939年にツールを制し、その他数々の栄冠を手にしたベルギーのシルベール・マースに因んで名付けられたというのが定説ですが、恐らくMaesがMeasと誤植され、そのままカタカナになった物と思われます。 これはウォーターシーフの事例に等しいものですね。
GBベントックスとヒドミニウムのステムです。 早い者勝ちです。 
コメント(0)カテゴリー・自転車全般
コメント 、ご質問など・・・
お名前
メール
URL
コメント


Copyright 2009 Bicycleshop M&M All Rights Reserved.