ブログ

このセンスに脱帽 2012.12.14
バック幅110mm、エンドスロット8mm、小判型のシャフト対応の古い競輪フレームをこんな美しい仕様にデザインしたのは、独創の自転車グッズ&アパレルを生み出し続けるdoesnotomanufactのソーハム氏。
Vivaloで見事に再生されたフレームや拘りのパーツ群をお持ち頂き、アッセンブルのお手伝いをさせて頂きました。
Universal Super68には、木リム対応のためにカーボンリム用シューを装着しています。
後ろにちらりと見える黒い怪しい自転車も、近日お披露目致します。
コメント(1)カテゴリー・自転車全般
コメント 、ご質問など・・・
お名前
メール
URL
コメント
コメント一覧
投稿者 : ソーハム
2月頃にもうちょっとちゃんとしたのを発表したいと思いますよ。またお手伝いよろしくお願いしますね^^いろいろと工夫して頂き感謝しています。
2012.12.19


Copyright 2009 Bicycleshop M&M All Rights Reserved.