ブログ

コンドルは飛んで行くのか 2012.5.22
一寸クラシックなテイストが人気のsomaの数ある商品の中で、日本未入荷のこのハンドルバーを、お客様からのご依頼で入手しました。
somaのカタログに寄れば、カフェレーサーやクラブマンレーサー(モーターサイクルです)のバーをモデルにしたとのことですが、遙か以前に栄輪業が「ウイングハンドル」の名前で出していたことがあります。
コレを付けると、フラットバーの自転車がドロップバーを装備したかのようにスピードアップ出来るのだそうです(笑)。
「スピード」が大切なキーワードだった時代を物語るコピーですね。そういえば、オイルショック前のSkyline GT-Rのカタログには、「地を蹴る160馬力 最高時速200km」と、誇らしげに謳われていました。

このハンドルの国内標準小売価格は6,090円。カタログ外商品として、somaの代理店に少量入荷の予定有りとの情報がありますが、入荷時期は未定です。
コメント(4)カテゴリー・自転車全般
コメント 、ご質問など・・・
お名前
メール
URL
コメント
コメント一覧
投稿者 : FK
ウイングハンドルというのですね
三十ん年前、大阪谷町にあった高橋自転車店で、これ買いました(まだ持ってます)。 メーカーもわからず、ステム固定の不思議なハンドルの出所は気になっていたのですが、長年の疑問が解けすっきりいたしました。 ありがとうございます。
2012.05.23
投稿者 : gear-m
FKさま コメント有り難うございます。旧いイタリア車で同様のハンドルを見たことがありますので、栄の物がオリジナルではないかも知れません。
2012.05.25
投稿者 : leonarhodo [mail] [home]
たしかチネリのコンドルってありましたよね。ステム一体型でバッヂがついたやつです。内外のオークションでも見たことないのですがgear-mさんは覚えてますか? 昔、真田山のイトーチュウサイクルで売ってったのを買っとくべきでした(笑)
2012.05.25
投稿者 : gear-m
leonarhodoさま いつもお世話になります。私の見たのにはバッヂは無かったのですが、ある方からTTT製のもあったとお聞きしたので、それかも知れません。それにしても、このハンドルの使い心地や如何に?
2012.05.26


Copyright 2009 Bicycleshop M&M All Rights Reserved.