ブログ

80年代国産中級ミキストの魅力 2012.5.7
お客様から整備のためにお預かりしました、1983年頃のナショナル自転車製ミキストです。6本バックの正当派ミキストです。
(ハンドルはオーナー様の好みで、オールラウンダーからノースロードに変更されています。)
Nationalの刻印入りステム。
センタープル留めのフロントキャリア。
B級パーツで構成されてはいるものの、肝心な部分はきっちりと押さえており、今よりは遙かに高価だった。BSはユーラシアシリーズに同様のモデルを展開。
このSuntour Trimecはアッパープーリー(ガイドプーリー)内にテンションスプリングを納め、ダブルテンション化したもの。
後にこの技術は世界初のMTB用ディレイラー、Mountechやその派生メカ達に引き継がれて行きます。お家芸のスラントパンタを使っていないのは、当時Campagnolo Super Record風の縦型メカが熱烈に要望されていたために、先ずはローワーミドルレンジのメカで実験的に採用したためか? 
きっちりとIndexが働くのですが、このTrimecはジュニアスポーツの派生で、後に本格スポーツ車用として登場したインデックスシフトのAccuShiftとは互換性はありません(一年限り生産されたα3000を除く)。
大切にお乗り頂きたい一台です。
コメント(3)カテゴリー・自転車全般
コメント 、ご質問など・・・
お名前
メール
URL
コメント
コメント一覧
投稿者 : 樹下夢
本日お邪魔いたしました樹下夢です。
永らく探していたシックなサイクリングシューズもGET、その他のパーツも強奪するように・・・(^^ゞ
ありがとうございました。
2012.05.09
投稿者 : かーすけ
一目惚れしそうな一台ですね オーナーが羨ましい ^ ^
2012.05.12
投稿者 : gear-m
樹下夢さま、かーすけさま、コメントありがとうございます。お返事すっかりおそくなりすみません。
2012.05.16


Copyright 2009 Bicycleshop M&M All Rights Reserved.