ブログ

ウイングナットの功罪 2011.5.12
Bromptonのヒンジ部には「時代遅れなウイングナット」が使い続けられておりますが、これはクイックレリーズの扱いに不慣れな人にとっては、「グイッとねじ込む」という動作の方が、締め加減が判りやすいからでしょう。現行モデルには使われることの無くなった物に、ハブのウイングナットがあります。
規程の締め付けトルクが得られないから、というのがその理由ですが、適切に使用すれば(これは締め付けられるフレーム側の問題も大きいのですが)、しっかりとホィールをあるべき場所に固定することが出来ます。一方でクイックレリーズは万能でしょうか?否、こちらも不適切な使用による事故が相次いだため、結局はフロントフォークエンドに抜け落ち防止の爪を追加し、結局はクイックレリーズとしては役に立たなくなっているのはご存知の通り。私はこの優雅な形が好きなんですけどねぇ・・
コメント(0)カテゴリー・自転車全般
コメント 、ご質問など・・・
お名前
メール
URL
コメント


Copyright 2009 Bicycleshop M&M All Rights Reserved.