ブログ

クリスマスプレゼントに 2014.12.19
如何ですか?

本日は17時で閉店いたします。
12月23日(火)は祝日ですので、営業いたします。 
コメント(0)カテゴリー:自転車全般
Brooks Milbrook 間もなく入荷します 2014.12.16
待望のBROOKSのサドルバッグが間もなく入荷予定です。何とか年内にはお届け可能か?という状況ですが、もう少し納期が確定しましたらご注文承ります。
年内営業は12月29日までの予定ですが、ご注文分の発送は年内一杯致します。

先日のBlogの続きです。 60年代に入ると、フロントの歯数差は7Tから10Tへと大きくなり、ローギヤは42Tx21Tが標準になってゆきます。 そうなることで皮肉にも同じか殆ど変わらないギヤ比が存在するようになり、クロスオーバーギヤリングと称されるようになります。 昨今のリヤ11速では益々重なってしまうギヤが多くなり、ATBではフロントシングル化してきています。 いろいろな試みがあってよいと思いますが、一度シングルなり内装ハブなりのチェーンラインのズレないものを経験されると、たすき掛けチェーンがいかに非効率か感じ取っていただけると思います。 店頭にOrlandiの試乗車を用意しておりますので、是非お試しください。

12月19日(金)は17時で閉店させて頂きます。
コメント(0)カテゴリー:自転車全般
明日12月12日は15時までの営業です 2014.12.11
明日は午後からジョイジャパン様へお邪魔し、SunXCDのバリエーションの確認に参ります。 詳しくは後日お知らせ致します。
ツィード張りのCarradiceバーレィも、週末には到着予定です。
乞うご期待。

とお知らせだけで終わってはつまらないので、少し技術的なお話しを。 

以前からアメリカで見聞きする言葉に"Half Step Gearing"というものがありましたが、この60年代初頭のLegnanoを始め、当時のレーサーに多く見られるアウターとインナーの歯数差が3丁くらいの物を指します。

当時リアのフリーが4段から5段でトップ14T、ロー24Tをこなそうと思うと、どうしてもリアが2Tずつ変化することになり(14x16x20x24)、一段の変速に依るギヤ比の変化が大きすぎるのです。 そこで、フロントを2T〜3T程の差にして、まずフロントでリアの1T分を変速−すなわちリアの一段の半分−してから、今度はリアを変速するという考え方があり、これをハーフステップギヤリングを称しました。

先日のHistoric Meetsのサイクリングの画像公開が遅れておりますが、全体画像はfacebookアカウントをお持ちならご覧になれます。
https://www.facebook.com/HISTORICMEETS
コメント(0)カテゴリー:自転車全般
Historic Meets へのご参加ありがとうございました 2014.12.1
なかなか事前申し込みが増えずに心配しておりましたが、思いがけず大御所にもご参加頂き、またサイクリングがてらにお立ち寄り頂きました方々も含め盛況のうちに終えることができました。
サイクリングには当店のお客様でもあるカメラマン氏にもご同行頂きましたので、Historic MeetsのHPで後日公開させて頂きます。 
さて、しばらく在庫を切らしておりましたチェーン引きとベルが再入荷しました。
ご注文は商品一覧のページjからお願い申し上げます。
コメント(0)カテゴリー:自転車全般
<< NEXT


Copyright 2009 Bicycleshop M&M All Rights Reserved.